銀座教会
GINZA CHURCH

銀座教会
GINZA CHURCH

  1. ホーム
  2. 教会学校
  3. 家庭礼拝の勧め(2020/4/12)

教会学校
CSニュース

家庭礼拝の勧め(2020/4/12)

お知らせ

更新日:2020年04月10日

銀座教会教会学校(ぎんざきょうかいきょうかいがっこう)

家庭(かてい)イースター礼拝(れいはい))(低学年)
2020年4月12日(復活日)

1.もくとう
2.こどもさんびか 41 
3.せいしょ マタイによる福音書28章1~10節
4.おいのり
天の父なる神さま。今日は、十字架におかかりになり私たちのために命(いのち)をささげてくださったイエスさまの復活の日をむかえることができました。イースターの日、教会に集まれない一人一人と心を合わせてお祈りができたことを感謝(かんしゃ)いたします。
復活のイエスさまに出会い、足下にひれふした人々に「恐れることはない」とイエスさまがお語りくださいました。イエスさまのお言葉を聞いて「恐れることなく」復活のイエスさまと一緒に歩かせてください。
イエスさまのみなによって祈ります。アーメン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家庭礼拝(中、高学年以上)
2020年4月12日(日)イースター

招きの言葉(まねきのことば)
「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか。」
死のとげは罪であり、罪の力は律法です。わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。

こどもさんびか 6
主をほめたたえよ ホサナ (4回繰り返し)

主の祈り
天にましますわれらの父よ、ねがわくはみ名をあがめさせたまえ。
み国をきたらせたまえ。みこころの天になるごとく地にもなさせたまえ。
われらの日用(にちよう)の糧(かて)を今日もあたえたまえ。
われらに罪(つみ)をおかす者をわれらがゆるすごとく、われらの罪(つみ)をもゆるしたまえ。
われらをこころみにあわせず、悪(あく)より救い出したまえ。
国と力と栄とはかぎりなくなんじのものなればなり。     アーメン

聖書 マタイによる福音書28章1~10節 新約聖書59ページ
1さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。2すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。3その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。4番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。
5 天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、6 あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。7 それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」8 婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。9 すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。10 イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」

お祈り
天の父なる神さま。
最初のイースターの日、人々は暗闇の中を歩いていました。復活のイエスさまの声を聞くまで、自分たちの無力さを受け止めるだけでした。弟子たちは「恐れて」いました。復活のイエスさまは、天使を遣わし「恐れることはない」と語ってくださいました。復活のイエスさまがお語りになった最初の一言は、「恐れることはない」でした。御言葉を感謝いたします。
今、世界中が新型コロナウィルスを恐れています。愛する家族を失った人、感染して苦しんでいる人、家族を心配している人々、病院で働く医師や看護師の上に神さまのお守りがありますようにお祈りします。
私たちがこの世の力に恐れるあまり復活のイエスさまが見えなくなることがありませんように。「恐れることはない」とお語りくださったイエスさまのお姿をしっかりと見上げる信仰をお与えください。
死の力に勝利した復活のイエスさまを見上げて祈り続けることができますようにお導きください。
この祈り、イエスさまの御名を通してみまえにおささげいたします。 アーメン

こどもさんびか 41 
救いの主は   ハレルヤ  よみがえりたもう ハレルヤ 
かちどきあげて ハレルヤ  み名をたたえよ  ハレルヤ